ドライバーと言っても職種は様々!需要の高い求人の特徴について調べてみよう!


年齢を気にせず働きたい人はタクシードライバーに注目

タクシードライバーは、日勤だけでなく夜勤や土日祝日の勤務を任されることもありますが、人材不足やシニア世代の活用など様々な理由で、採用時にあまり年齢が厳しくチェックされない会社が多く見られます。また、会社によっては二種免許の取得に必要な教習費用の全額をサポートしたり、教習中に日当を支給したりしているところもあり、新卒者からシニア世代の人までチャレンジしやすい状況にあります。最近では、ベテランのタクシードライバーが長く働けるよう、大手のタクシー会社をはじめとして再雇用制度を導入したり、定年年齢を延長したりと様々な取り組みが行われています。そこで、タクシードライバーの仕事に少しでも関心があれば、入社後にキャリア形成を図りやすい会社を見極めることが大事です。

トラックドライバーは体力があり運転が得意な人に最適

トラックドライバーは、様々なドライバーの職種の中でも走行距離が長く、特に早朝や夜間の運転の際には体力や集中力を要します。一方で、業績が良い運送会社や物流会社をはじめとして基本給が高額なところや、時間外手当や夜勤手当の条件が良いところが珍しくありません。そのため、時間帯に関わらずいつでも安全運転ができる人や、人並み以上に体力に自信がある人はドラックドライバーの求人に目を通してみると良いでしょう。なお、会社によっては、新人のドライバーを対象に勤務開始前にシミュレーターなどを使った安全運転の研修がしっかりと行われているところもあり、実務経験にかかわらず不安なく仕事に臨むことが可能です。

ドライバーの求人は、応募をする際に免許の取得状況や職歴が確認されることもありますが、会社によっては年齢次第で入社後に会社負担で免許の取得ができるものもあります。