手間がかからない一方で注意点も多い?期間工の電話面接について学ぼう!


遠方からの求職者に対応した電話面接

期間工は工場の繁忙期に起こる人手不足を解消する目的で雇用する臨時の作業員です。一人でも多くの人材が必要になるため、全国を対象に求人を行う会社も少なくありません。期間工であっても労働に関する法律に則って雇用契約を結ぶことから、求職者と会社側が対面して面接を行うのが従来の常識でした。しかし、遠方に住む求職者が面接のために出向くのは非効率である他、会社側が出張して面接を行うのも手間がかかります。そのため、双方に負担がかからない電話面接を行うケースが増加しているのです。電話面接は名前の通り、電話越しに行う面接のことです。面接の内容は一般的な対面式の面接と変わらないので、自己アピールや就労への意欲を示すことが重要になります。

電話面接ならではの注意点について

電話面接はお互いに相手の表情や仕草が見えず、声だけでやり取りすることから一般的な対面式の面接とは勝手が違うのも事実です。求職者は声だけで自分が有用な人材であることを示さなければいけません。会社側も求職者の姿が見えない中、声だけで仕事への意欲や話す内容の真偽を判断する必要があります。電話面接を行う場合、相手の姿が見えないことによる特有の注意点があることを把握することが重要と言えるでしょう。求職者は声だけで効果的な自己アピールを行い、会社側は求職者の話し方や声のトーンで意欲の有無や真偽を判断するのが電話面接の実状であり、人によって向き不向きの差が大きい事実は否定できません。電話での上手な話し方、説明のまとめ方などをあらかじめ練習することで電話面接で好印象を示すことができるでしょう。

期間工とは、主に電子部品製造・自動車工場などで一定期間働く、メーカーに直接雇用された契約社員のことです。