施工管理の仕事を知ろう!どんなメリット・デメリットがあるのか?


施工管理の仕事は良い仕事?3つのメリットを紹介

施工管理の仕事は、工事現場の施工に関する全体の管理を行います。その仕事には3つのメリットがあります。

1つ目は、施工管理の仕事は、形として後世に残りやすい仕事である点です。大きなプラントや建設物を手がけるため、仕事の成果がはっきりとした形で残ります。2つ目は仕事の需要の多さ。建築物は常にメンテナンスが必要です。老朽化対策・耐震工事・インフラ設営など、常に工事の仕事はあります。新築の工事がなくとも建物がある限り、仕事がなくなることがありません。3つ目はキャリアアップのしやすさです。施工管理の仕事は経験がなによりも重視されます。どんな現場を任されてきたかによって、実力が評価されるので、仕事を1つずつこなしていくだけでキャリアアップができます。

施工管理の仕事はつらい?代表的なデメリット3選

施工管理の仕事で最も困るポイントは残業の多さです。現場仕事は工期厳守がなによりも大切です。そのため、仕事が予定通りに進んでいないときは、休日出勤する必要があります。労働時間が長くなるため、その分だけ給与が上がりやすいという面もあります。残業が多くなるということは、プライベートな時間が取りにくくなるということです。家族との時間を重視したい人には悩みどころ。ですが、最近はメールやLINEなどの連絡ツールが発達しています。こまめに連絡をやり取りすることで、家族とのつながりを維持することは難しくなくなりました。

また、人間関係は施工管理の仕事の泣き所です。言うなれば、現場労働者と依頼主との間を取り持つ中間管理職が施工管理の仕事です。必然的に人間関係の調整が求められます。言葉を返せば、さまざまな人と触れ合う面白さが感じられる仕事ともいえます。

プラントの施工管理とは、製造工場のプラント建設をするために不可欠な原価計算や機器の設計などをする作業のことです。